商品やサービスを生みだしたら、売り込んで、改善する

宣伝広告はどのようにするの?

この宣伝広告もマーケティングの中では大きな仕事の一つです。
よい物やサービスを作っても、そのことを多くの人から使っていただかなくては次へ進めません。
この宣伝広告について、前のページでのリサーチが活きてきます。
どの年齢層への宣伝広告を行うのかによって、効果的宣伝方法に違いが出てくるためです。
例えば、10代や20代がターゲットの場合、この世代はもはやテレビ視聴に費やす時間よりもネット等に費やす時間が多いことが調査等で解ってきていますので、宣伝に使う媒介はテレビCMよりSNS関係を利用する方が有効でしょう。
またSNSの中でも、どのようなものが有効であるのか?など、調査からわかることでポイントを絞って効果的に広告を行い、情報を拡散することがマーケターの仕事の一つです。

商品やサービスは改善する事も必要

リサーチとも関連があるのですが、一度作り上げた商品は、モニタリングをしながら更によい物への改善が必用です。
そのモニタリング方法を考えることも、マーケターの仕事であるといえます。
このモニタリングも自分の周囲を見てもたくさんの方法で行われています。

例えば、お試し価格設定での方法は、宣伝とモニタリングを同時に行っているようにも見えます。
また、アンケートに答えてお得になる、というような企画もモニタリングと宣伝を同時に行うような企画と言えるのではないでしょうか。

このように見ていると、マーケターの仕事は、一つの商品やサービスの開発、販売、宣伝、再開発という工程すべてを効率的に行う上で非常に重要な仕事であることが分かりますね。