必要とされる事や物はどのように知るのか?

調査はマーケティングの成功を左右する

困った事や不便に感じているものは、どのように探せばよいのでしょう。
その数はどの程度で、利益を生むだけの規模を持っているのでしょうか?
それを確定していく作業が、マーケテイングで言うところのリサーチだと言えます。

リサーチは闇雲に行っても必要な情報は得られませんし、得た情報量が少ない場合には信憑性がないと言えます。
現在、マーケティングにおけるリサーチを実施する場合、開発する商品やサービスを必要としているであろうターゲットをある程度絞り込んで、調査を行う場合が多いようです。
その開発しようとしているものについて、持っているイメージや求める性能などを情報収集し、開発のみならず、効果的な宣伝などにも活用する為です。

基本的な手法や現在の手法

マーケティングには2つの枠があります。
定量調査と定性調査です。

定量調査とは、量で表すことのできる調査で、商品やサービスなど利用している人々の属性(年齢層、男女比)や商品の認知度や売り上げ状況等が挙げられます。
主な手法としては、アンケート調査や訪問調査、ホームユーステストなどとユーザーの自宅に伺い実際に商品を使用しての感想等を調査するものです。

次は定性調査といい、何故この商品やサービスを購入しているのか?という意見やユーザーの状況等、量では測れない実態を探るものです。
これは、インタビュー調査やショップアロング(実際のお店で顧客を観察し、実際購入した人から理由等を聞き出すこと)等が挙げられます。

最近はこれらの事をSNS等利用して行っている場合が多くみられます。
例えばアンケートに答えてポイントを得るなどという感じです。